USBメモリ RAW 復旧完全ガイド:データ損失を防ぎ、大切なファイルを復活させる方法|大阪の古書買取り・古本買取りなら『森川古書店』

お知らせ

USBメモリ RAW 復旧完全ガイド:データ損失を防ぎ、大切なファイルを復活させる方法

2024/07/07

 

USBメモリは、手軽にデータを持ち運べる便利なツールですが、突然「RAW」という形式に変わり、中のデータにアクセスできなくなることがあります。これは非常に焦る事態ですが、適切な対処法を知っていれば、データを復旧できる可能性は十分にあります。

この記事では、USBメモリがRAW化する原因や症状から、データ復旧の手順、そしてRAW化を防ぐための予防策まで、詳しく解説していきます。専門用語をなるべく避け、分かりやすい言葉で説明しますので、ぜひ最後まで読んで、大切なデータを取り戻しましょう。

 

1. RAWとは?USBメモリがRAW化する原因と症状

RAW形式の解説

RAWとは、ファイルシステムが認識されていない状態を指します。通常、USBメモリにはFAT32やNTFSなどのファイルシステムが採用されており、これによってデータが整理・管理されています。しかし、何らかの原因でこのファイルシステムが破損すると、WindowsなどのOSはUSBメモリをRAWとして認識し、中のデータを読み取れなくなります。

USBメモリがRAW化する主な原因

  • 突然の電源断: USBメモリを使用中に、パソコンの電源を急に切ったり、USBメモリを強制的に取り外したりすると、ファイルシステムが破損しやすくなります。
  • ウイルス感染: ウイルスの中には、ファイルシステムを破壊するものがあります。
  • 物理的な損傷: USBメモリを落としたり、水に濡らしたりすると、内部の部品が損傷し、RAW化の原因となることがあります。
  • フォーマットの失敗: フォーマット中にエラーが発生すると、ファイルシステムが正常に構築されず、RAW化することがあります。

RAW化したUSBメモリの症状

  • 「フォーマットが必要です」というメッセージが表示される
  • ドライブの容量が「0バイト」と表示される
  • ファイルやフォルダが表示されない
  • ファイルを開こうとするとエラーメッセージが表示される

これらの症状が見られたら、USBメモリがRAW化している可能性が高いです。

 

2. RAW化したUSBメモリからデータを復旧する方法

データ復旧ソフトの選び方と注意点

RAW化したUSBメモリからデータを復旧するには、専用のデータ復旧ソフトを使用するのが一般的です。数多くのソフトが存在しますが、信頼性が高く、操作が簡単なものを選ぶようにしましょう。

また、データ復旧ソフトを使用する前に、以下の点に注意してください。

  • RAW化したUSBメモリに新たなデータを書き込まない: 上書きしてしまうと、元のデータを復旧できなくなる可能性があります。
  • 復旧したデータを別の場所に保存する: 復旧したデータをRAW化したUSBメモリに保存すると、再びデータが破損する恐れがあります。

EaseUS Data Recovery Wizardを使った復旧手順

ここでは、EaseUS Data Recovery Wizardというソフトを使った復旧手順を例に説明します。

  1. EaseUS Data Recovery Wizardをダウンロード・インストールする
  2. ソフトを起動し、RAW化したUSBメモリを選択する
  3. 「スキャン」ボタンをクリックし、スキャンが完了するまで待つ
  4. 復旧したいファイルを選択し、「リカバリー」ボタンをクリックする
  5. 復旧したデータを別の場所に保存する

その他の復旧方法(CHKDSKコマンド、Windowsのエラーチェック機能)

データ復旧ソフト以外に、以下の方法で復旧を試みることもできます。

  • CHKDSKコマンド: コマンドプロンプトでCHKDSKコマンドを実行し、ファイルシステムのエラーを修復します。
  • Windowsのエラーチェック機能: USBメモリのプロパティからエラーチェックを実行し、エラーを修復します。

ただし、これらの方法は必ずしも成功するとは限りません。

 

3. RAW化を予防する!USBメモリの安全な取り扱い方

安全な取り外し方法

USBメモリを使用後は、必ず「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」機能を使って取り外しましょう。

定期的なバックアップの重要性

USBメモリに限らず、データは定期的にバックアップを取ることが大切です。万が一RAW化しても、バックアップがあればデータを守ることができます。

フォーマット形式の選択

USBメモリをフォーマットする際は、exFAT形式を選ぶことをおすすめします。exFATは、FAT32のファイルサイズ制限がなく、NTFSよりも互換性が高いというメリットがあります。

 

4. まとめ:RAW化しても慌てない!復旧と予防のポイント

USBメモリがRAW化すると、中のデータにアクセスできなくなり、非常に焦る状況です。しかし、この記事で紹介した方法を試せば、データを復旧できる可能性は十分にあります。

また、RAW化を防ぐためには、USBメモリの安全な取り外しや定期的なバックアップが重要です。これらの予防策をしっかりと行い、安心してUSBメモリを使いましょう。

 

 

<< 戻る

お問い合わせはコチラ TEL/FAX 06-6170-9383 メールフォーム

information

森川古書店
〒565-0816
大阪府吹田市長野東17-20
ナンノ第2号館301号室

大阪吹田市千里丘の【森川古書店】では、幅広いジャンルの古本買取りさせていただいております。
大口の古書買取や出張での古本買取も受付しておりますので、安心してご利用いただけます。本の管理でお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

  • TEL/FAX 06-6170-9383
  • 営業時間 10:00~20:00
    定休日 不定休(詳しくは営業カレンダーを確認ください)

上へ